SOASについて

私が留学している、SOAS University of Londonについて。

アジア・アフリカ・中東研究を専門とする機関で、University College LondonやKings College Londonなども属するロンドン大学群の一校。学部生・院生含めて約5~6,000人が在籍しており、半数近くが英国外からの学生です。

SOASはもともとSchool of Oriental and African Studiesの略でしたが、’Oriental’がオリエンタリズムの考えに基づいているという批判から、近年はただ’SOAS’と称しています。

ラッセルスクエア駅が最寄りで、近くには大英博物館大英図書館も。

 

  • 学部構成

Arts & Humanities (歴史・美術・考古学・音楽・宗教・哲学・文化人類学社会学など)
Languages & Cultures (アジア・アフリカ・中東の言語と文化など)
Law & Social Sciences (法・開発・政治・国際関係・経済・経営など)

 

  • 授業

 交換留学生は、学部学科に関わらず授業を履修できます。ただ、人数制限があったり、教授の許可を要したりする授業も。中上級の言語クラスでは、テストを受けてから履修できる授業もありました。

またそれぞれの授業も、アジア・アフリカ・中東に関するものが多いです。例えば、政治といってもイギリスの政治ではなく、南アジアの政治、中国の政治、中東の政治・・・など。

ほとんどの授業がLectureとTutorialがセットになっています。Lecutureは大教室で行われることがほとんど。一方Tutorialは10~15人ずつのクラスに分かれ、Lecutureで学んだことについて質問、議論する時間です。

 

  • 学期

Term 1(10月~12月)

5週間 授業

1週間 Reading Week(授業が休みになり、予習や復習をする期間。旅行や帰省をする学生も多い)

5週間 授業

3週間 クリスマス&年末年始休暇

 

Term 2(1月~3月)

5週間 授業

1週間 Reading Week

5週間 授業

 

Term 3(4~6月)

試験期間

 

  • 図書館

9:00~23:30まで開いており、夜遅くまで勉強する学生が多いです。アジア・アフリカ・中東の専門書が集まっており、英国の研究図書館(UK National Research Library)でもあります。

f:id:en97:20181231083155j:plain

SOAS図書館

しかし今月(2018年12月)、スタッフの25%削減が発表されてしまいました。予算削減のためだそうです・・・。

ただ、この状況に対してすぐにキャンペーンが行われるのがSOASらしいところ。労働問題や環境問題など、社会の課題に対して活発な学生が多く、キャンペーンが始まって3週間ほどで5000人の署名に達しています!